主観的マンガ書評

超主観的なマンガレビューブログ

*

腐女子に大人気『ハイキュー!! 4~17巻』 古舘 春一 (著)

   

ハイキュー!! 4巻

3巻まで読んだ続きで現在の最新刊まで一気に読みました。

もうほんと色々言いたいことがあるんだけど、まず面白いかどうかで言えば、まあまあ面白かったです。

一応続きも気になるし、まあ17巻まで読んだこともあってかキャラに少し愛着も湧いてきました。

J-WORLD TOKYO@池袋

それはそうと、先日プライベートで子供を連れて池袋にあるJ-WORLD TOKYOへ行ってきました。

J-WORLD TOKYOとは池袋のサンシャイン内にある少年ジャンプの作品たちの世界観の中で遊べるテーマパークです。
詳しくはJ-WORLD TOKYO公式サイトをご覧ください。

J-WORLD TOKYOについてはとんでもなくつまらなかった上に、子供といくつか乗り物で遊んだら入場券も含めて合計で約5,000円も取られて心の底から二度と行かないと思える程のジャンプ感たっぷりの夢のようなテーマパークでしたが、そこでなにより驚いたのが腐女子の多さです。

そもそも来場客が俺のような子供連れか外国人か女性しかいませんでした。
そして女性とそれ以外の割合が9:1ぐらいで女性、というか腐女子

J-WORLD TOKYOの施設自体も子供か腐女子を狙ったコンテンツばかりで、その子供を狙ったコンテンツのひとつであるワンピースのメリーゴーランドにしても日曜日だというのに我が家の子供だけで貸し切りできる程の大人気っぷり。
入口から入ってすぐにあるタッチスクリーンによる色々なジャンプキャラクター達が出てくるパネル?では「黒子のバスケ」のキャラクターが出てくるたびにキャーキャー騒ぎながらスクリーンを強烈に連打してタッチしている腐女子のグループがいて、俺が子供とJ-WORLDに入場してから「つまんねーなここ」と思い退場するまでずっとそのスクリーンで遊んでいたのが印象的でした

そして、そのJ-WORLDのコンテンツの中でもメインといっても過言ではないのが「ハイキュー!!」でした。

もーそこには腐女子がいっぱい。
何も知らずにその腐女子だらけのゾーンへ突撃しようとしている子供を制止するのは心が痛みました。

ハイキュー!!4~17巻

さて、そんな腐女子に大人気のハイキュー!!ですが、もー女に媚びた感じのやりとりと、確信が持てるほど女が描いてる感じのキャラクター達にほんとうんざり。

登場人物全員がガキっぽく、そいつらのやりとりも青春ごっこといった感じの、もう言ってしまえば痛々しいレベル。

もちろん読んでて惹きこまれる部分も十分あるんだけど、とにかく女々しく、ガキっぽいやりとりばかり。

そしてそう感じてしまう原因のひとつは当然絵柄によるものなんだろうけど、それ以上の原因だと思うのが無駄なレスポンスコマ
うまく言葉では説明できないけど、登場人物の誰かしらが熱い発言をするとそれに対して茶化すような発言をする他のメンバーがいたり、誰かが活躍したらその活躍シーンでバシっ!と決めて終われば良いのに他のキャラがまたなにかしらのリアクションを取る。

ハイキュー!! レビュー01

例えばこのシーン。
真ん中のコマがいらねーんだよ。
「僕らより良いこと言いますねー・・」
ってセリフと顧問たち2人の絵。
この1コマが挟まるからテンポも悪くなるしやりとりがガキっぽくなるんだよ。
右のコマでかっこいいシーン入れたらそれでピシ!っと〆てくれれば読者が
「あーこのキャラは”顧問たちより良いこと言うなぁ”
って感じ取れば良いんだよ。なんでわざわざキャラに喋らすかね。

ハイキュー レビュー02

このシーンでもさ、下段のコマいらねーだろ。
縁下に対して奮い立たせる一言で、以前に縁下が影山に言ったようなセリフを返すってシーンだけど、下段のコマをなくせば読者が自ら
「あっ、これ縁下が前に影山に言ってたやつじゃん!」
と気付いた時に盛り上がれるし、テンポも悪くないし、なんでわざわざ作者自ら全部説明して、キャラクターを使っていちいちリアクション起こしちゃうかね。

他にもこんな場面が山ほどあるけど、ほんと女作者ってやりたいこと全部詰め込む癖があるからイラつくんだよ。

作者が気に入ってるフレーズの「落ちた強豪、飛べない烏」ってのもさ、語呂も悪いし毎回このフレーズが出るたびにキャラが「落ちた強豪、飛べない烏」ってしっかり言って、他のキャラが「何それ?」とか「カッコイイ!」みたいにチャカしたり。
もうそういうやりとりの一つ一つが気になるしイライラすんだよ!!
もしそのフレーズを使いたいんだとしても
A「烏野なんて落ちた強豪だろ」
B「あー飛べない烏ってやつな」
ぐらいのやり取りですんなり行くじゃん。

大会になっても全試合しっかり描くし、それはそれは良い部分でもあるけど、全学校に良い話を絡めようとするのもムカつくしテンポ悪いし、かつその間にもしょーもないお遊戯会みたいな仲良しこよし劇場始まるし…。

それと特にうぜーなこれ…って感じるのがその場にいないメンバーの話になると、小さいコマでその話題になったメンバーがくしゃみをしたりして「誰かが俺の噂を…」みたいなシーンを毎回入れること。
ほんとこれうぜーからやめろ。毎回やってるじゃねーか。

画力も上がってきてるし、試合展開とかも上手くなってるし、今後の盛り上がりにも期待してるけど、とにかくこの女くささと腐女子に媚び売る感じが消えない限り、好きな作品にはならないなぁ。

でも腐女子人気の作品にわざわざ男の俺が噛みついてあーだこーだ言うこと自体が不粋なんだと思います。

落ちた強豪、飛べないカラスの話。

 - ★3, スポーツ漫画 , , , , ,

  関連記事

青い花
人気百合マンガ『青い花 1~8巻(完)』 志村 貴子 (著)

お嬢様学園に通う幼馴染の女2人とそれを取り巻く女たち。 ほぼ男が出てこない百合マ …

レトルトパウチ! 1巻
エロい!可愛い!ギャグ!3拍子揃った人気マンガ『レトルトパウチ! 1巻』横槍 メンゴ

レトルトパウチ! 1 (ヤングジャンプコミックス) 横槍 メンゴ (著) 君は淫 …

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
アニメ化もされたヤンジャン人気漫画『テラフォーマーズ 1~12巻』貴家 悠 (著),橘 賢一 (イラスト)

やたらと持ち上げられてるけど、そんな面白い漫画じゃねーだろこれ。 『ラッキーセブ …

のりりん(1) (イブニングKC)
自転車好き、ロード好き必見マンガ!『のりりん 1~11巻(完)』 鬼頭 莫宏

『ぼくらの』とか『なるたる』とか鬱マンガを描くことで定評のある鬼頭莫宏先生が自転 …

ベストブルー
ジャンプの新連載『ベストブルー』がつまらなそう

今週発売の少年ジャンプの新連載「ベストブルー」。 テーマは『競泳』ということでス …

君は淫らな僕の女王
『君は淫らな僕の女王』 岡本 倫 (著), 横槍 メンゴ (イラスト)

君は淫らな僕の女王 1巻完結 岡本 倫 (著), 横槍 メンゴ (イラスト) 主 …

ハイキュー!! 1巻
バレー漫画の注目株『ハイキュー!! 1~3巻』 古舘 春一 (著)

ジャンプで連載されているバレーボール漫画『ハイキュー!!』 最近この主人公がチビ …

予告犯 1巻
予告犯 1巻~3巻(完)

予告犯 1 (ヤングジャンプコミックス) コミック – 2012/4/10 筒井 …

脳内ポイズンベリー 1
映画化もされた人気少女マンガ『脳内ポイズンベリー 1~5巻(完)』 水城 せとな (著)

俺の奥さんが水城せとなが好きらしく、家には水城せとな先生の作品が何作品かあるんで …

女神と一年暮らしてみた 。1 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
女の子がとっても可愛くてエロい!!『女神と一年暮らしてみた 。 1~2巻(完)』桂 あいり (著)

電子書籍サイト「さきっちょパラダイス(スマホのみ対応)」で連載されてた作品らしい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です